ソーシャルメディア

2017/10/21

執筆者

ひとりで大きくなったと思うなよ。

ひとりで働けるようになったと思うなよ。

そして、親から受けた恩は、

その先へ、送ろう。

あなたが働いて、社会の役に立つこと。

それが、あなたの親が生きた証し。

もっとも、喜ぶことではないだろうか。

少し長いですが、どうしても紹介したい文章があります。

多様性の世の中、この手の話がお嫌いな方は、ゴメンなさい。

いまはもう故人となってしまいましたが、伊勢の父、中山靖雄先生の文章です。

以...

2017/10/04

執筆者

9/19の本コラム『顧客満足(CS)から顧客感動(CD)へ、それがAI時代における生き残りのヒント』にて喜多ハウジングさんの事を紹介したところ、喜多ハウジングの喜多会長が講師を務めるクローズドの勉強会にお誘いいただきました。

ということで、喜多ハウジング株式会社の喜多計世(けいせ)会長のお話を拝聴するという、幸運に恵まれましたので、レポートいたします。

わたしが今まで出会ってきた素晴らしき経営者の方々...

2017/09/28

執筆者

『徳は事業の基(もとい)なり』


これは、中国の古典の菜根譚(さいこんたん)の一節ですが、徳性を研き上げることは、経営の王道(覇道ではなく)を歩む上で、絶対必須である。そしてその多くを、『歴史』から学ぶことができる。特に中国の古典には、 悠久に、語り継がれてきた名著が多く、それらを、勉強し、実践することが、徳性の向上に大いなる影響を与える。

しかしながら、中国古典の原野は、極めて広大で、とっつきに...

2017/09/25

執筆者

よく知っているようで、実はよく分かっていない、

自己実現・マズロー博士のお話です。

マズロー博士は、ドラッガー博士と同時代の人物ですが、残念ながら62歳と割と短命だったため、ドラッガー博士に比べて、あまり多くの著作はありません。

心理学者であったマズロー博士が唯一、経営に関して書いた手記を集めた『完全なる経営』という著作があります。

ジム・コリンズさん(ビジョナリーカンパニーの著者)が、

「ドラッガー博士の...

2017/09/22

執筆者

働き方の未来のコラムにスピリチュアルなことを書くのもどうかと思ったが、かのフリップ・コトラー教授もマーケティング3.0にて、スピチュアルマーケティングってことでお書になっていますので、少々そっちの話を…。

エベン・アレグザンダーさんという脳神経外科医がいます。
ハーバード・メディカル・スクールにて15年間准教授を務め、25年間の医師としてのキャリアを人物です。バリバリの科学者です。

そのエベン医師が、...

2017/09/18

執筆者

顧客満足から 顧客感動。 金沢市にある喜多ハウジング株式会社という素晴らしい会社のお話です。

2017/09/05

執筆者

ドラッガー博士は、時間の使い方にとてもこだわりました。

時間は、どんな人にも公平に与えられる資源です。
それをどのように使うかによって、成果の質が大きく変わります。

ドラッガー流時間術の中でも特に重要なのはこの2つです。

  1. 一番大事なことを一番初めに実行する(First thing first)

  2. ひとつのことだけに集中して行う

そして、これを行うためには、『選択』しなればいけません。

...

2017/08/29

執筆者

「七つの習慣」を「七つの瞬間」にしないために、
今一度読み返そう...笑


全世界での発行部数が3000万部、日本国内で200万部。積んどかれているのが仮に半分あったとしても1500万人に読まれた本ですね。この本も、未来の生き方や働き方を考える上で、とっても重要なテキストになると思います。例によって自分勝手な意訳をさせて頂きますので、少々長いですが、お付き合いを。
コビィー博士、勝手な解釈でゴメン...

2017/08/16

執筆者

あなたは、預金口座を持っています。
その口座に、午前零時になると毎日正確に24万円ずつ入金されます。
その日のうちに使わないと、深夜24時には、残金が全部ゼロになります。
そして、その一瞬後には、次の日の分の24万円が入金されます。

あなたなら、この預金をどう使いますか?
きっと、毎日一生懸命に、有効に使うのではないかと思います。


最初は、刹那的な喜びのために無駄遣いするかもしれませんが、
次第に、...

2017/08/08

執筆者

「利益はうんち」
 

これは、私の師匠のそのまた師匠。
つまり大師匠である伊那食品工業の塚越寛会長の言葉です。


この言葉の意味を知るには、
ドラッガー博士の言葉を紹介するのが好ましいと思います。


「利益は、会社の目的ではなく、条件である」


それでは、会社の目的は何なのか?
これは、いろいろな異論があるとは思うが、
私の考えではステークホルダーの幸せだと思う。
その中でも、最も重要なのが、社員のしあわ...

Please reload

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square